電話番号: 03-3816-3461
お問い合わせ
ページ上部へ

Where?Out there

 さてと、自分のリサイタルと教室の発表会を同じ週に入れるなどというイミフな私であるが、ポール・マッカートニーは、ほぼ連続で3回公演をやり遂げたではないか・・

 私はビートルズファンである。スゴいファンである。イントロ押しクイズは全問正解する自信あり。

 毎日の日課で夜、成城石井へ行ったらがんがんに聞こえて来るではないか、ビートルズナンバーが

 そうだよ、どうしてポールが来てるのに、我隣に住んでるのに行かぬのだ我?それはチケットの取り方がわかんないからだ(だいたい来日するなんていつから決まってたんだろう)

 しかし今週(先週ね)の月曜にもまたやるし、その翌日は武道館だっていうんですよ、ネットで落とせるのでは?そういうの得意な息子(な、高校の頃はニコ動などで約2時間、今も寸暇を惜しんでスマヘをやってるが、それも無駄ではないってことっすか?どころか学校からパソコン貸与されてるが、文字は手で書け、情報は足で取れ!などとリビングで叫びたくなる)に頼むとものの10分で取れたうえに、即、金を振り込むんだね、それも近くのローソンで出来(わかんないから息子と行く。手を引かれて老いたお母さん気分、かあさんのようなIT弱者を想定しないで「先輩達」が構築したシステムだそうで、母を背負う笹川良一、全ての「かあさん」に告ぐ、我らは夜なべをして手袋編んでれば良いのだ、断固「ついていく」必要などなし、こらこらやってろ「お母さん助けて詐欺」。田舎のおかあさんは手袋編んで考える、自分を大切にな。「行為」とは、やられた側より「やった側」が多く傷つくのだ)翌々日にチケットは「諏訪郡」などというところから届く。

 雪が降り積もる合掌造りの民家が立ち並ぶ山里・・

 合掌造り、違うか?地域が。東京さは冷てえ人ばっかりじゃ、という誤解に近いか。「東京」の中には足立区(ほら、あほマスコミ、下町言うなよ、下町は神田などを指す、同意味で世田谷区とか山の手言うなよ、そういうのも田舎者の誤解ではないでしょうか?多摩地区を山の手呼ばわりしていた番組があったが、それはもう「山」だわ)のようなところも入ってたりしねか?足立区さ、温ったかよ。小池整体の小池先生が足立区の施療院にたとき、患者から天丼届いたりするっていってた・・きっと清水焼きもどきの蓋付きなどんぶりからエビの尾が出てたりする天丼、甘さの強いタレが北関東の始まりを感じさせるなあ、いや、田舎の食事は常に甘辛い(偏見?)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 雪の空、ポール待ちわびひとりうたうはヘイ・ジュード。4ヶ月も前から待ちわびておりました。お送りしましたチケットは取れた時から楽しみで楽しみで、仏壇に大事に保管して、毎日拝んでおりました.


 でも行けなくなりました、ああ 一緒に行こうとしていた連れ合いが雪降ろしで足を挫きました。私だけ行くわけにも行かず(姑に何言われるかと思うとひるみました)ドーム近くのホテルは3日前で70パーセント取られ、せめてチケットだけでも誰か行きたい方にお譲りできれば。Don't  let me down・・

 返信:ありがとうございます。ドーム近くに住む私ホウツキと申します。貴重なチケット2枚お譲りいただきまして、連れ合いだったものと行かせていただきました。それはそれは素晴らしい夢のような2時間でした。いやあ、ポールの水も飲まない2時間公演、70過ぎて脳血栓なども気にかかるところですが(若い新しい奥様がビタミン源でしょうか、ハハ)昔のままの勇姿、惚れ惚れしました。ヘイ、ジュードはありませんでしたが、ビートルズナンバーは当然多く、印象に残ったのがBack in the USSR でした、いやBlackbird だったでしょうか?いや、最期のGolden  slumbers から のメドレーは泣きました.

 見渡せば周りの人も白髪が少し入ったり、はげたりの頭をふりふりうたっておりましたよ、そう、私達のような年齢のものが多く、まるで構成員は3年前の息子の入学式のよう、疲れて色気なく、おしゃれする意欲もなく、すすけており。人生の大半のイヴェントは終わりかけ、こんなもんだったが、こんなものにしてはがんばってきたんだ我ら、 それぞれの荷物はそれなりにヘビーでさ、Boy、you are gonna carry that weight a long time・・でも負けなかった俺たち、いつも唇にビートルズ心に太陽を持て、70年代、年明けの度に再編成話がでましたよね。メンバーの半分が死んじゃった今、再編成なんかあり得なくなりましたが、こうやって集って見てわかります、ビートルズは私たちの中で永遠なのです。

 「Her Majesty」 を待ってしまいましたが、それは無しでした。電気がついて「公演は全て終了」のアナウンス。

 追伸:お連れあい様の捻挫はその後いかがでしょうか?
私たちは前日が結婚記念日だったようで(私はこういうことに疎く知りませんでした。先に知ってたなら、なんか買ってくれるとかないんでしょうか?ユビヤとか。私がチケットをおごった上に帰りの飲み屋までおごった上にそこから興奮さめやらないためか連日朝帰りなどされ、荷物ごと追い出したのですが気がつくと家で寝ております、捻挫でもしやがれ、と思いますが)「荷物」を持たないものは足も挫かず元気いっぱいです。

 来年もポールが来日してくれますように。それまで私どもも元気でいましょうね。不躾ながら、お礼に私のリサイタルのチケット同封します。ポールのかわりにぜひ来てください(ふざけんな)380席に対して4枚しか売れていないのです。ああ、ダフ屋がでるほどにならんもんか、ドームのとなりです。水も飲まないでやります。アイシテマス トーキョウ サヨウナラ マタクルヨ(ちなみに私も毎年やります)


・・・・・・・・・・・・
本日天才ピアニスト砂原氏との合わせ、そうか、うたってこういうふうにうたうのか。これからしばらく彼にお時間のあるときに来てもらい、自分の音を進化させていくという目標を持ちました。まだまだ行ける54歳。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 いや、わかった・・ ビートルズってポールの才能にメンバーが「うんざり」してたバンドなんだろう。でも彼に嫉妬し、憧憬し、逃避し、誰よりもその「価値」を知っているという3人が生んだ奇跡なバンド、ビートルズのあとに続くバンドもないし、もう私たちはずーっと「ビートルズの後」、を聞いているにすぎないのかもしれない。

You were only waiting for this moment to arise

 興奮のなかで Her  Majestyを待つ。 それは来ない、でも私たちは「それ」を聞き当てる事が出来る。それは幸せなことなのだと知りました。



 

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • あなたの声の見つけかた~呼吸から始める発声法~
  • 宝槻美代子 公式ブログ
  • 宝槻美代子声楽教室 活動情報