電話番号: 03-3816-3461
お問い合わせ
ページ上部へ

夏休み絵日記2

「貧民の殿堂 ドン、キホーテ」も昨日の夜行ったらなんだか陰りが、、
憂鬱な面影をたたえていたのは、単に来客数の問題だけではなく、私のなかの物欲の陰湿な部分と「この場」が一つの通路でつながっており、それはむしろ私が「行く」という行為を自発的にしているようでいて、一方的な方向でパノプティコンのようにこの「殿堂」がわたしの「欲」を監視して操作しているように感じたからだ

 入り口の金魚。いや、熱帯魚の巨大な水槽の怪しい色彩、無駄に大勢いるレジ、皆黒服のようなコスチュームで「殿堂」に迎え入れてくれるが、それは「監視」の陰湿な演出のようもである。中央階段はドレミの音階になっているが、気が抜けない。どこで止まってもいけないのだ。いやはやカフカ的になってしまったが。

 「もうここも終わりだなあ」

 などと店内で無邪気に大声で言う50歳ししろーを昨晩は連れて行ったが、こいつは案外「魔除け」なのかも知れない。どんなアニメにもこういうキャラクターがいるものだ。「未来少年コナン」におけるジムシーとか。場の周波数と違う、狂言というか、それで言うなら、サンチョ・パンサだわ。

 「欲望」は常に監視されている

 その監視人は一人である、あるいは不在時が多いかも知れない、あるいは人形であるかも知れない、それはみんなが「監視されていると感じていること」でしかないかもしれない。

 つまり、人は欲望するように仕掛けられている。その装置がある限り、「いきているうちに」幸せになることはないだろう。

減量しなくてはいけないのに食べなければいけない、ウコンの力を飲みながら酒を飲まなくてはいけない、原発爆発の恐怖に怯えながらネオンサインを煌々と灯した下で恐怖を忘れるために踊り狂わなくてはならない、平和のために爆弾を作り、体を壊してまでも働き続け社会保障費を払い、軍事費を払い、電気代を払い・・・

「ドン、キホーテ」というのもよく考えられた命名なのかも知れない、と思ったら怖いなあ。物欲を小さく果たす事により何かの「幻想」を見ているような。馬は痩せ馬、「幻想」の殿堂。

私はほぼ毎日行っているが、早晩文京区民には飽きられてしまうかも知れない。というのは、私達は「幻想」をもう具現化している、あるいは具現化しているという「幻想」のなかで生きている人が多いからね。みなさん、本郷ドンキに行きましょうよ。あの位置は客の流れが不思議と東京ドームシティーから来ないのですよ。区民で盛り立てねば。

・・・・・・・・・・・・・・・・
 東京ドームシティの隣に住むというのは、始終悲鳴と雷鳴(サンダードルフィンの)とドームのイヴェント毎に様々な人種の坩堝と化すコンビニ(だいたいその日のイヴェントは当てられる。オレンジタオルは巨人戦とかは勿論、ジャニーズもSMAPと嵐と関ジャニでは違うし、外タレも違う。一回変におばさんばかりの日があり、当てられなかった。きみまろか、とも思ったが、ドーム5万をあけられるとも思えないし。答えは韓流スターだった)

 サンダードルフィンが上がる毎に夏休みに入った頃から「コブクロ」の曲がかかるようになった。それもワンフレーズをミニマルミュージックのようにかけるのでたまらない。朝から夜10時までである。一ヶ月以上我慢してたが(クーラー入れてたから窓閉めてたのでそれほど気にならなかったと言うのもあるが)ここ一週間涼しいので窓を開けてるとまあひどいこと。早速クレームを入れるが、当然聞き入れてはくれない。ご意見として伺ってくれるだけだ。といっても翌日から音量は下がったんだが、一ヶ月に渡り聞いてきたフレーズは耳についているので、小さくしても耳が聞き当ててしまう。

 どうにかなんないんですか?
 イヴェントですので
 これかけて何か集客数が増えたんですか?
 それはわかりません
 いつまでやるんですか?
 9月15日までです
  
 商店街の繰り返される音楽とか、こうして今いる喫茶店のいらぬジャズとか、客の回転数を上げるためにはテンポの速い曲をかけると良いのは、昔米帝が考えついたサブリミナル効果のようにせこいが、それは安くてまずいコーヒー一杯で長居するのもなんだよな、と思うような私のような気の小さい人にしか効果はないと思われる。ことにスマホいじってるような現代人はその辺の皮膚感覚は鈍化しているので効き目はないかもよ。

 同じ様な意味で東京ドーム後楽園シティーであの爆音とともに特攻隊のような乗り物に興じられる人々に何を聞かせても盛り上がることも盛り下がることもあるまいよ。集客数に変わりがないなら、それは「気のせい」だからやめて欲しいな。私はこれでも毎日必ずそこの成城石井で買い物しているのだし、そこの温泉もよく行くし、そこの美容院でまゆげもカットしてるし、うっかりつまんない物を買ったりもしている。子らはそこのラーメンやによく行っているようだし、思えばうちは上客なのよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 今日コレペティの「絶対許してくれない」レッスンのあと練習してたら自分の声で難聴ぎみ、今日は夕方4時からずっと娘がレッスンする日なので、そこで悔しくも練習終えられて良かったのかも知れない。気分入れ替えコロッケ揚げて、ボ「ウ」リングの試合から帰った息子にご飯のあれこれを指示し、こうしてやっと休日に。これから日成湯だが、ここは9月に閉じるそうで、昨日知ってかなりショックであった。なんだかんだで一番行く湯やである。平均週3回は行っていると思う。菊水に行くか富士見湯に行くしかなくなるが、若干遠いので寒い日や雨の日はそれこそラクーア温泉にいくしかないではないか。一回2500円くらいするのに、私は30分くらいしかどうやってもいられない。長湯が好きなわけではないので。「コブクロがまん代」にラクーア温泉券くれないかな、

おっと「恐喝」だな。

 ・・・・・・・・・・
娘のところに来る生徒は最近ことに「教育熱心なお母さんとそのお子さま」色が強く、とても教えやすそうである。

 私もこどもの生徒から「レッスン」というものは始めているが、上の子の行ってた保育園のこどもたちが多く、練習してこないのは当たり前、ピアノにもぐるは、ピアノに頭ぶつけて鼻血出すわ、タメ語きくわで大変であった。どうなるワレたち、と心配していたが、ピアノはともかく、まあ人としては「まとも」なかんんじで成長しており、いまだ2人残っているが、とっくに大人である。今ではきちんと敬語も使え、人は成長するんだなあ、そう、私の本に写真を入れてくれたのも保育園から見てきたピアノの生徒であるが、やりとりが真摯で良い大人になってた。
・・・・・・・・・・・・・・
 いろんなものをやらせてみないとこどもの才能はわからない、というのがママたちの意見だが、それには私は少し懐疑的である。まあどのみち好きなことしか人はしない。自分見ててすごくそう思う。

 しかし、生きていく術とは「過剰なもの」の交換だから、それで正しいのである。やるのは「いっこ」で良いはずだ。大好きないっこか大嫌いないっこ。大嫌いないっこがあれば大好きが見つかるから。大雑把で悪いが。
・・・・・・・・・・・
夏休みも終わったなあ。成城石井もいつもの地元民だけで静かだった

 さっき帰ってきた息子が、夏休み「前半」が終わったなあ、とつぶやくので驚愕したが、かあちゃん、人生最初で最後のモラトリアムなんだ、許してくれというが、わたしは「そこから」すべてを始めている者なので何とも言えない、ゴールもなければ完済もない、と53まで生きてきた感想ね。ずっとやってるうたくらいうまくなった幻想でいたいが、今日の練習じゃとてもとても、何かやり遂げるには人生は短い、けどもう薄々わかるが、いつまでも発展途上、返済猶予で夜逃げだな 才能があるとかないとか、そんなの持ってるのは0.0001とかだ(と思いたいが)無い才能、伸びない才能を「のばしたいなあと思い続けられる才能」だってあるんだぜ。それが「過剰にある」ならそれで「喰える」

・・・・・・・・・・・・・・・・・
 後楽園ドームシティ(くどいが)では夏休みの最中はいろんな親子連れを見ることになるが、まあ目をみはるような「どきゅん」な家族がたくさん。こんなところで散財しちゃって、と胸が痛むが、先週エレベーター待ちしてる4人家族。

 お母さん(37) あんたたちなに食べたい?
 息子(9) たこ焼きー
 すかさず手が飛ぶお母さん ばーか、そんなもん夕飯になるわけないじゃん
 こういうことに慣れているのか黙ってるお姉ちゃん(12)
 スマホ見てるお父さん(38)
 
 この感情とともに速攻で飛ぶ手とかは見習いたいものだ。体と感情の近さはうたに一番必要なものだが。教育とはそこ遠くするよね。その挙げ句練習でもう一度体をトリモロすのって大変。

 しかしその後この家族は4人でたこ焼き屋に入っていったんだけどね。いいわよ、たまの家族だもの、楽しくしよう。

 「生産の共同という確固たる基盤を喪失した家族は、いまや余暇だけを共有する「共同体」ならぬ「共遊体」と化しているのだ。家族に相変わらずの存在意義がある大方の人々にとっては、家族がいなければヒマがつぶれない、のである」上野千鶴子「女という快楽」勁草書房

 いや、朝食が昨晩買ってきたたこ焼き、だったりする昨今、たこ焼きじゃ夕飯になんねえよ、という感覚はまともじゃないっすか。

 わたしも夜9時以降は、たこ焼きか魚肉ソーセージかドンキのつまみでビール。自分のどきゅん解放時間。家庭内浮浪者と呼ばれてます。これつき合ってくれるのは、やっぱ「どきゅんなかま」のししろー。天気が良かったら上野公園でやっててもかまわないけど。蚊が怖いね昨今。
・・・・・・・・・・・・・・
これから日成湯。さて、すっかり汗を流すと言うより温まりに行く感じ。おでん鍋をドンキで買おうか考え中。 

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • あなたの声の見つけかた~呼吸から始める発声法~
  • 宝槻美代子 公式ブログ
  • 宝槻美代子声楽教室 活動情報