電話番号: 03-3816-3461
お問い合わせ
ページ上部へ

家事ハラスメント

今日は月曜休みであり、私は一週間ためた練習と家事をやりくりする日になっている。

 その後おとといししろーが読めとばかりに新聞の切り抜きを持ってきた新書を買いに東大の本屋まで。東大の本屋は半年ぶりくらいだが、読みたい社会学系の新しい本がいっぱいあった。ここは私の一番好きな本屋である。私はネットで本はほとんど買わないけど、あの「これを買った人はこんな本も読んでます」というのがだいたいトンチンカンな上に大きなお世話だわ。これ買った人は絶対買わない本を読みたい時は本屋に行くしかないが、信頼できる本屋ならどこへ移動しても一冊や二冊読みたい本が見つかると思う。

「家事労働ハラスメント」竹信三恵子著 岩波新書

上島珈琲本郷3丁目店、またなんだ。

 家事を妻なりに押しつけて、男は外で働く。女は仕事持ってりゃ家事と仕事(育児介護なんかも竹信言うとおり家事の連続にすぎないですよ)に引き裂かれて、どっちもやった気がしない・・という、だったら専業主婦になれば丸く収まるだろうが、最近の男子の賃金は妻子を養えさらに妻に贅沢させ、子どもにまともな教育を施す事が出来るほど無いし、これが卑近でフィジカルな理由だが、

 その上、女も家で家事だけやってて満足出来るような「根拠」が昔ほど与えられていない。

 つまり私の行ってたバカ女子校なんかは「良妻賢母」が校歌に入っちゃってるようなところで、「頭弱い」を根拠に家事労働だけやってる人になれたかも知れません、あと「お嬢様」という考え方も根拠足り得るかなあ、私程度の音大出身者はだいたいは専業主婦です。お肌に悪くない程度思い出したようにピアノ弾いたりうたったりしていますが、あるいは家事に支障がない程度に生徒いたりもします。私は2重に「主婦向き」、で、そういう人生を送ることに「なっていた」私の中では。でもそうは問屋が卸さないのである、「問屋」は一つに選んだだんな、でも二つめ以降全部が「そんなだんなを選んだ私」

家事やって働いてなんて壮絶ですよ。

 家事というのは無償労働です。出来る範囲で適当にといってもかなりな時間が取られるし、連続です永久運動です、男はなぜだか免除される事になっており、それは収入の問題と言うより「自覚」の問題で、「やらなきゃいけない」と思っている人が家事は担う。それがたいてい女、ということなんでしょう

 それをやることで引き替えに賃労働を免除されようという女の企みもあるので、そういう「ズルい結託」が人間ってすてきだなって思う、「正当」な事の無粋なこと

 しかし私は真実を生きる正直者なサントゥッツアなのである。もらいが少ない上に良くも言われないが、それでも「本当」なこと考えたいからこそ本なんか読むわけで、「本当」のこと考える暇があったら肌の手入れでもしとけ。

 こんな本薦めてししろーもバカだが、私の掃除等家事は前澤先生に「うたより本物」と言わせしめたほどの芸当で、誰に任せたいわけでもなく、誰のためにやってるでもなく、自分の達成感なので放っておいてくれていいが、(しかし収入も仕事はじめて以来ししろーに抜かされたことは一度もないが)ししろーは家事を全面的に受け持つ事はしないし、彼の中でどんな理由からかそれは私の「仕事」になっている。


 家事を「誰か」にやらせるために「イエ制度」を作ってみたりアフリカから人民をさらい「奴隷」にしてみたり、バカ女子校を作ってみたり、「家庭的」という不思議な言葉をつくってみたり、「専業主婦」という実体のない仕事をあるように言ってみたり、

 家事を自分でやりたくない、をぐるぐる回しちゃって。やりなさいよ、でも家事は深いよ、今日だって夏物と冬物の入れ替えにどんだけかかったか、「かけない」手もあるだろうが、そういうだらしない事は良妻賢母はやってはいけないと私はバカ高校で習ったよ。

 でもさ根は深いな、私は息子に家事はやらせた方だと思うが、結婚して息子が洗濯物干してたりしたら何となく嫌だな。じゃ息子と同額稼いでね、暗い部屋に帰ってこないように気をつけてたんだから(私は)そこよろしく、おかずは朝からかなり何品も出すようにしてたんだからパンとコーヒーだけとかよしてね、アレルギーがあるから布団とか晴天の日にはちゃんと干してね、エトセトラエトセトラ、えなりの声が聞こえてくるよ、「母さん、危なっかしいかも知れないが僕たちはそれなりに楽しくやってるんだよ、口出さないでくれよ!」

 我、公園で泣く泉ピン子か。えなり、お母さんを大事にしろよ

 結局ししろーって「専業主婦」(だったことに生涯不満だった)のお母さんに育てられた男の子なんだよね。家って帰ってくれば飯が出てお風呂が沸いているところなんだよね。家事って「やらされる感」がこの期に及んで強いようだが、

でも半沢直樹でさ、帰ってきて風呂掃除をたのむ奥さんって言うのも違和感あったわ。あんたの仕事じゃん、と思った。めちゃくちゃかわいいから許せる感じだったが、ブタな奥さんだったら許されない?じゃダンナが日銀総裁でも帰ってきたら風呂掃除とかゴミ捨て?家事負担しないでいい男の下限っってどこよ?年収?仕事の質?それが女の場合ダンナがやるの?他の家事労働力を買うの?

そこ、愛。うそじゃない、うそでもある。だからいつまでも家事は女がやっているんでしょうね。指輪の一つも貰ったら続けられる。

私は自分で買うけどね

 

 

 

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • あなたの声の見つけかた~呼吸から始める発声法~
  • 宝槻美代子 公式ブログ
  • 宝槻美代子声楽教室 活動情報