電話番号: 03-3816-3461
お問い合わせ
ページ上部へ

週間報告

音楽週間終り

火曜 府中芸劇舞台リハ
水曜グー 重唱3連チャン、ルチア、トロヴァトーレ、アイーダ、ほか
土曜 府中芸劇午前午後興行「うたう桃太郎」ばあさん役二重唱、ソロ5秒
日曜 金曜コーラスの恒例老人介護施設慰問演奏

でもこの間連日風呂屋には行ったし(人は好きなことは忙しくても必ずやりますね。忙しくて出来ないという言い訳は、優先順位が2番以降に下がった、と言い換えられます)全部終了後打ち上げましたし

何でもやれば出来るもんですなあ、がはは、

グー は最後体力が、というか集中力、いや、やはりそれを保つ技術が足りないと思いました。全部完璧に相手をしていただきました杉崎氏はだんだん尻上がりであっ たというのにです。毎度の課題ではあるが最近わりと調子良くなってきた低音が(それは年取った御褒美だと先生には言われているが)響きが減る。

Ritorna vincitor!
と冒頭うたったら地震が来たのにはびっくりというより、店から一人逃げてしまいましたよ。グーという店は避難路が一方にしかなく、ここで地震来たら誰よりも先に逃げなくてはなあ、と日頃から自分のことばっかり考えてたもので、それが出てしまいお恥ずかしい限りです。

土 曜、府中芸劇はマミーの仕事。なかなかの水準だったと私は思いました。このパッケージは台東区からの依頼で「早寝早起き朝ごはん」キャンペーンの為マミー は区内で配るCDを作った事があるんですが、それの舞台版で桃太郎とくっつけ「うたう桃太郎早寝早起き朝ごはん」という1時間くらいの音楽劇を作ったんで すが、まあ、良く出来てるのよ。桃太郎はおじいさんおばあさんの作るおいしい朝ごはんで立派に育ち、方や鬼はコンビニのものばかり食べて、夜はゲームして るから、鬼が島の決戦で負ける、でも最後はみんなで田畑を作って健康に暮らしましょう、という共産思想で終わる(生協に売り込みに行こうかと思う)という ストーリーで、まあとにかくマミーや客演がうまいから大変商品化していたと思いますよ。

終わってから5歳くらいの男の子が私のところにやってきて(他の鬼の扮装などには怖くて聞けなかったんだと思う)

みんなぜんいんなかよしになったんだよね?

と確かめに来た。このくらいまでの子どもってフィクションをリアルに感じられるようなんだけど、この能力はいつ失せるんだろうか?

と、 日曜は老人ホーム慰問、もうすでにこちらの金曜コーラスのメンバーより年下も多いだろうなホームの皆さんのお誕生会に招かれての慰問演奏です。演奏を供す ることでうまくなっていくという正しい循環を作っていると思う。20曲近くを暗譜で持っていくのはこちらも若くないわけで大変なんだが、絶対バリアを作ら ないという考えからやっていますが、できるものなんよ人のためなら


 リアルがフィクションになっていきつつある老人は子どもにも似て先の予測が出来なくなっていくようなんだが、

それなら「今」が楽しいしかない。

「今」楽しくしている人たちが「困った人」になってしまう状況というのは「大人」の都合である。大人というのは生活維持者であるが、なんで生活維持は「今」が楽しくないんだろうかね?




今日は生活維持の日なので、ダレた主婦の大掃除位には掃除洗濯、税金支払い(溜めてたので多額)どうしても、な緊急性のある生徒を一人だけ見てノルマのアダルジーザを見てやはり最後は風呂屋だが、

晴天だね、いろいろあってみんないい、差し迫った暗譜もないので今日は気持ちに余裕です。

  • あなたの声の見つけかた~呼吸から始める発声法~
  • 宝槻美代子 公式ブログ
  • 宝槻美代子声楽教室 活動情報