電話番号: 03-3816-3461
お問い合わせ
ページ上部へ

平塚らいてふと仲間たち

発表会②決定。今回は五月の発表会①のキャンセル待ちの人から優先します。9月4日、夜シビックホールです。それの合わせが8月18日夜シビックホールです。どちらも見学可能です。

まとめ
発表会① 5月22日 これのリハ 5月8日午前9時から12時文京シビック小ホール
発表会② 9月4日  これのリハ 8月18日夜6時から9時半文京シビック小ホール 
リハ含めすべて見学無料。へんなお金取る「演奏会」よりレベル高い、といわれたりします。
・・・・・・・・・・・
あ、でもへんなお金取る「演奏会」もします。
6月17日(金)夜7時開演 紀尾井サロンホール
6月17日生まれの声楽家2人とピアニストの競演。コンサート後バースデーパーティ 3000円(多少の飲食込み)
出演 ホウツキ 宮澤順子、鳥居礼子  あと小池整体院小池先生も6月17日生まれなので出演。

・・・・・・・・・・・・・・・
 大学4年になる息子の研究室配属が気になって、発表が3月の末だったもので、ちょっと神社にお参りしたり、この一ヶ月いろいろ気がもめたが、さすがにそんなこと悩んでるって人にも言えないし、共感も得られないだろうし。
 希望通りにいったが、今年一年勉強している気配すらなかったが、ボウリングや飲み会やスキーに行くと嘘をついて勉強してたのかもしれない。

 しかしこのまま同居を続けると、会社の会議でプレゼン、とか配置換えとかいちいち気になるんだろうよ(ししろーに関してこの手のことで心配したこと無し。出世、ベアの気配無し。無期待に応えてくれてありがとう、最近は本当にあんた自身が心配だわ)ばかばかしいわい、とハタから見たら思うだろうが・・会社の入社式に出席する親を笑えない。去年は大学の保護者会に元夫婦揃って行ってしまったが、なんとたくさんの親バカ御さんたち。だいたいこの保護者会は事前受付があり、4回転くらいやるのにすぐに満杯で締め切る。しかし今年も行く。

 子ども(特に息子)をかまう母親ってバカみたいに言われますね
毎日DVDに連続録画して「渡る世間は鬼ばかり」の再放送を見てビール飲むのが日課です。毎日自動録画していたら、容量が一杯で、息子お楽しみの「真田丸」がとれませんでした。

 橋田スガコお得意の、「子どもなんかいたって頼りにならない」というテーマが永遠と繰り返されるだけのドラマである。長いせりふで有名な「説明ドラマ」だが、先週や、少し前のエピソードを丁寧に説明してくれるのは未だ良いが、CM前の出来事まで説明してくれなくても・・いくら何でもそこまでぼけてないぜ、と思うが、末期老人の増えた昨今、このくらい説明しても未だ足りないかも。どんどん説明は長くなっていく、役者も気の毒である。

しかし、何日見てもどこから見ても話のパターンは以下の3つしかない。

① 期待してかまいすぎた子どもが母親をうざがるはなし・・・子どもと「良い距離で」とか、へんな雑誌の考えたような小綺麗な事など一度でも子ども育てた経験がある人は誰も考えてないわ。うざいだと?私は「誰のおかげで喰ってんだよ?カード」をたまにわざと落としてあわててポケットに入れたりしている。

②そんなにかまってきた子どもは当てにならず、他人の方が何ぼか温かい助けになってくれるはなし・・・子どもなんか当てにしている親なんか今時いないわ。子どもは可愛い、というところで減価償却しているので、それ以上なんにもないわ。

③親は子どもに尽くすが、子どもは親のことなど考えない身勝手であるはなし・・そんなこと生んだ瞬間に知ってるわ。そこから育てるという行為は、人間のエゴイズムと自己犠牲と欺瞞と真実のせめぎ合いであるよ。親であるならそんなことはみんな修練してきたので今更どうでもないわ。

 子どもがいない人に何が分かるよ、わかるとすれば作家的想像力がないと。あ、この人作家なのか。


 親バカになってもバカ親になるな、とか知らねえよ。親なんかみんなバカだよ。特に母親、生んだり乳やったりしてるうちにバカなうえに半分牛だよ。「Very」コンセプト)基盤のある女は美しい。じゃ、なんで夫は若いおねいちゃんと浮気をするのでしょう?経産牛がグラム90円なのと関係がありそうですね。そしたら我らは90円の強みに気がついた方がいい、それはもう「一生喰われる心配がない」ということではないかな。

・・・・・・・・・・・
日本死ね、って言葉遣いが悪いわよ。私に言われるのもなんだろうが。

もともとを考えると、

こどもの1、2匹も作って、賞味期限切れの豆腐をあつあつ湯豆腐にして薬味の2種類もつけて「おかえり」でも言っておけば男はせっせと働いてくれたもんだが、今じゃ女も子ども生んだ位じゃリタイアさせてくれないわけです。児頭を生めるぎりぎりまで大きくして「育児」を盾に「働かない」を勝ち取った女の数万年をかけての戦いは、そんな平塚らいてふごとき最近の話ではないのである。元始女はナマケモノであった、女の方がなんぼも頭良いからね。バカな振りすら出来るんだな

女は「働く」ではなく「働かない」を勝ち取ったんである。働かないのの良いところは、①疲れない②ストレスがない、その二つがないと都合10年は長生きできることは寿命が証明。

 男女平等とか勘弁してほしい。負けるが勝ち、と思ってやってきたのに、ふん、出来ない出来ないを高らかに叫び、まあでも男は「すごいすごい」とほめられたい人種、上手くやろうではないか、からくりばらすは女の敵、男の子にはこのような女働かない社会保存のために、「おとこのこでしょ!おとこのくせに!」という謎の呪文で叱っとけ。

 保育園が足りない日本死ね、の人たちも本当は働きたくないけど、旦那がへたれで働かざるを得ない自分の境遇死ね、なんじゃないの?子どもなんか家で育てた方がいいにきまってる。3才までが一番カワイイんだから、そこ毎日見てないと、それはまぐろのトロ部分を捨てるようなもったいなさ。

 でもノラが家出したように、女たちはドアの外に出る。

自己が・・?何?自己?たとえば自己実現、たとえば自己欺瞞、たとえば自己喪失、といった文脈で使う。

 そんなものは冷蔵庫の裏側にでも足で蹴って追いやっておけ、わざわざ引っ張り出してたいそうなもののように磨き上げ、ほうらここに「自己」があります、私はどうしたらいいの?私の生きている意味って何なの?なんて仕事から返って来てとりあえず缶ビール開けてる夫に聞くんじゃありません。

 確かに家事はつまらんし、子どもと家にいるって退屈。夫の給料もへたれ、いらいらして湯豆腐投げつけたくなるような日々。

でもボクら子どもは家にいたいよ。保育園なんか行きたくないよ、ママはいらいらしてるし、第一僕ら子どもの生活と市場原理は相容れないよ、動物園で見たかばの親子のようにママとぬるま湯のなかで一緒にいたいです。

 それは子どもとどろどろ一緒にいる3年間、かばかばかばかばか・・でかばだかばかだか分からなくなる情けない自己喪失。

しかし時代は進んでいる、あなたはかばでいることもばかでいることも許されない、ばかの振りも店じまいかな。よく見ればあなたはかばでもばかでもない。
あなたの払う税金はすでに国にも夫にも当てにされている、さらにその子どもにもいずれ当てにされるだろう、こいつらは何時までも子どものフリをするだろう、あなたより大きくなっても保育園児の擬態で接してくるから、あなたは何時までも保育園を探しているだろう。

あなたは少子化を食い止めた上に税金も払わなくてはならない、すでに巧妙に「働く」を欲望させられてしまっている、それはたとえばVeryに出てくる「ワーママ」なんて言葉遣いで(ワーキング・ママらしい)もしかして、もしかしてだけれど、それは広告代理店なんかと結託してるのかもよ。

ワーママが増えればさ、平日三越でうろうろしているおばさんやら(裕福な場合)、市民図書館やら公共施設でうろうろしているおばさんやら(貧乏な場合)、「主婦」という御旗の元に偽装労働してきた挙句に社会性も無くなり、変な怨念のようなものだけがふらふらと三越や図書館のベンチなどに、いやほかにもいっぱいいろいろなところに「果たせなかった自己」が・・(それは夫も見ないフリをするもんだから。「私をちゃんと見て」椎名林檎、と言おう) 減っちゃうんだろうな。



 

  • あなたの声の見つけかた~呼吸から始める発声法~
  • 宝槻美代子 公式ブログ
  • 宝槻美代子声楽教室 活動情報