" "
電話番号: 03-3816-3461
お問い合わせ
ページ上部へ

多目的室

   ノムラ不動産のサイトから「あなたにおすすめの物件」が毎日送られてくるが、もうほぼ1年間にわたって売れていない南青山の11億の一軒家が9億9800万に値下がりしていた。おお、安くなったなあ、買おうか、とでも思う人がいるのか。

 その家の間取りを見ると、「多目的室」というのがある。学校じゃないんだから、と思うが、そうか普通の家はここからはリビング、ここからは台所、などと用途別に分かれてるからね。それらがあってさらに目的を限定しない部屋があるのはすごいことなのだな。うちでいうなら、レッスン室というのは明確にあるが、あとは全部多目的室だがな。多目的室で極めて限定的な事しかしていない。センプレ・グアルド・ラ・TV、ベブート・タント・ビッレ、エ、ドルモ。

 うたを教えるというのは、その人の身体と精神とをよく見ることになるのだが、多目的な感じの人がうまくなると言っていいと思う。何か限定した使い方をしていない身体というか。声で言うならいろんな声を出して遊べることをまずしてみてください。声マネ、鳥の真似、ネコ犬の真似、誰かのうた真似、モノマネがうまい人はうたもうまい傾向。柔軟性というのはどこから来るかと言えば、多目的、つまり目的を持たない身体、声、などではないか。

 この一応「自由」だということになっている日本国において、なんとまあ限定的な身体を持っている人が多い事かと思うわけだが、そこにいられればまだしも、多様性の時代だなんだと鼓舞されては、安住の場を失った精神と身体は、ではどこに拠り所を?とりあえずうたってみてはどうかと私は思うわけだが、宗教という手もあるか。スポーツ、ヨガ、そう、そろそろ皆さんお待ちかねの「身体講座」をやります。男女平等も開くようだし。今年の木田さん(生徒・78歳)のリサイタル(4回目)が去年より進化していて、これはやはり毎日彼がやっている凄まじい量の筋トレ?的なものと関係があると思うので、その指導者をお招きして、なにか身体をよくするヒントになればと思うのです。

 身体(その一部としての声もそして精神も)は教育、環境などに支配されているわけだが、そんなの自分じゃ変えられないよ。多くは親などの近親者からの「贈り物」のような善意に満ちたものだろうし、良かれと思って為してくれたことを人はそうそう裏切れない。その後自分でいいと思ってるに違いないしね。でもそういう人の身体がもうどうにも悲鳴を上げるくらいに追い詰まっているのをよく見かけるが。つまりやはり日々革命、どんどん環境と共に何かを捨てて行かなきゃならんのだろうよ。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 身体を変えようと(ついでに人生もなのか)必死の19歳に毎日数字の書いたシールをあげるから朝8時に家から走ってくる(40分かかる)を提案する。今日で10日。今日初めて雨だったし暴風雨だったが、来た。

  翼は動きますか?本当に飛べますか? YesでもNoも言わずにまっすぐ空を見てた 鳥の名はラフター、ケージを壊した、膝を抱えた昨日までの自分を 乗り越えたラフター今日もうたい続けた 自分自身に勝利を告げるための歌「Laugher」オフィシャル・髭ダンディズム 

 いつからでもどこからでも、昨日の自分を捨てることは出来ると、信じてやまない。

 

 

 

 

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • あなたの声の見つけかた~呼吸から始める発声法~
  • 宝槻美代子 公式ブログ
  • 宝槻美代子声楽教室 活動情報