" "
電話番号: 03-3816-3461
お問い合わせ
ページ上部へ

Go to 声楽

 ザ・レジデンス四ツ谷は即日完売しました。

久しぶりのブログの冒頭がこれかよ、ちっ、と思っている皆様。

どうかしてる都心のマンションの値段は。たかだか70平米くらいで軽く億超え。しかしこの先は落ちていくとは思うし、その四ツ谷何たらは、2億超えの部屋もあるが、最近の相場にしては実は安かったのである。なので即日完売はよくわかる。この先都市部の築年数の経ってる物件は急落するだろうし、もう近郊などは目も当てられない惨状になるだろう(建て替えもできず)つまり家など購入するものではなく、借りて借り換えていくのが一番なのです。家族の形態も変わるしね。自分の形態すら変わるしね。所有の放棄。

生きているのだっていつか終わるんだから仮住まいみたいなものではないですか。人は何も所有なんかできないんである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とはいっても自分がどんなもの持ってるか、自分の仮住まいの性質くらい知ってた方が良いと思う。

最近来たお試しの男性がすごい声だった(継続するか不明。前書いた女性とは別人。この人はもう次の発表会に出る)

しかし楽譜も読めず、声楽の何をも知らず、とにかく歌と言えばカラオケでうたうミスチルぐらいというのである。35歳くらいの男性であるが、その声はバリトンかあるいはバスである。マンション中響くティンブロ。しかし口あけるのも恥ずかしそうだし、もううちにあるグランドピアノごときに委縮してしまっている。

イタリアの現役バリトンで現在世界中の重たる劇場に出演している人だが、普通の大学で経済だかを学び、就職試験(銀行)の最終面接で特技と趣味を聞かれ、うたです、と答えると、では今ここでうたってみなさいと言われて、うたったら満場一致、ここはいいからすぐにスカラ座に行きなさいと言われたという話があります。

PCR検査を国民全員にするなら、ついでに全員うたの検査もしてみるといい。こういう自分の能力に気が付かない才能が結構みつかるはず。さらに隔離して国が面倒見て育てれば声楽大国になれる。グローバル化とは同化することではなく特化する事である。声楽大国ニッポン。街のあちこちで重唱がいきなり始まる。上司に嫌味を言われたら即狂乱のアリアをうたう。

 でもどうだろう、こんな強制もされないのに一律マスクして苦しくない民族などだめかもしれない。一人で歩く夜道でもマスクしてるのは明らかにマスクが嫌ではない証拠である。イスラム教か?なにか日本人の本質にしっくり来たんだと思う。もうすでに感染の話ではない(証拠に消毒はそれほど行われていない。帰ってきたら靴の裏まで消毒すべき。購入した商品はすべて洗浄すべき、そんなにマスクが好きなら2時間に一回くらいは新しいものと交換すべき)

A   顔半分隠れて落ち着くんですよ。

B 化粧しなくて、眉毛だけ書いてればいいから楽だし。

C    人との距離が取れてなんだかホッとするというか。

D    思えば飛沫飛ぶし、口って汚いですよね

人についている「いろんな穴」は外部からのいろいろの摂取排泄を担っているんですからね。大体の穴は隠しておく方が無難です。しかし良いものも悪いものも外から入ってくるとしたら、ウイルスが入ってこないのは良いとして、なにか良いものも入ってこないと思ってください。実にそれは空気だけど。マスクなんかして息苦しいのが普通になってしまうと益々息を吸わなくなります。換気の悪い部屋は風水が悪く、ろくでもない事しか起きないように、気の入れ替えが悪いヒトも気の流れが滞りますから体にも精神にも絶対良くないです。マスクは人込みだけにしましょう。つけていると息苦しいと感じないセンスはヒトとして危ない。 

・・・・・・・・・・・・・・・

 見つかっていいかどうかは別だが、高校のコーラスの時間に「うたがうまい」ことを発見されてしまって、その後乗せられて音楽大学に行って食うや食わずの生活をしている人など私は両手に余るほど知っているが、ちゃんと普通の大学出て就職もした後に検査で陽性になったらうたを始めるというのが一番幸せなうたとの出会いだと思う。それほど練習の時間はかからないから(だから私も始めたのである。子ども2人いて忙しい育児の合間にでも始めればこうやって稼げるようになるわけです。ユーキャンみたいだが、そんなくらいな感じでも多少の才能と根性があれば30過ぎからでも行けるジャンルなどクラシック部門には声楽くらいしかない)

 今年からクラコンの他に東京国際声楽コンクールの審査員をしているが(来年も決まった)これのアマチュア部門に締め切りぎりぎりだったが一人生徒を送り込んだが、ファイナルまで行っている。これをぜひ来年から希望者に勧めようかと思う。なにか目標があると練習が変わる。クラコンもいいコンクールだが、一般とプロ(って何?だけど)部門が一緒というのは最終まで行くのに結構難しいのである。

 アマチュアって何?と聞かれれば、1)それを一日の重たる業務にしていない、2)18歳の時点でやっていない、3)それ以外で収入を得る能力を持っている、4)日本声楽のしきたりに疎い、5)日本声楽のしきたり先生方の薫陶を受けてないので怖いもの知らず、そんなところか。

 私もアマみたいなものだが、唯一「これ以外で収入を得る能力を持っていない」点でプロなのである。がはは、出来ない、を力に!

 

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • あなたの声の見つけかた~呼吸から始める発声法~
  • 宝槻美代子 公式ブログ
  • 宝槻美代子声楽教室 活動情報