電話番号: 03-3816-3461
お問い合わせ
ページ上部へ

結婚おめでとう!

男とは女の出来損ないなのだと思うが、その損なっている部分で偉大な発明発見を繰り返し、不足こそが発明の母。女はその点つまらないね。

「面白い女」などというものは語義矛盾でそれはもう「男」である。

小さく正しくまとまっている男というのも女寄りだろうから、ほんとジェンダーフリーであるね。

私は面白い女だが。

浮気をしない男などこの世にはいない。しないのではなく、出来ないということはあると思う。それは道徳的にではなく、したくとも出来ない、ということで、それを誠実、潔癖、愛、などと言い換えて楽しく暮らしましたとさ、というのは幸いなるかなであるが、人生100年時代ともなれば、色々なことがありますわね。出来ないが出来てしまうことなどもあるかもしれないし。

 女は浮気はしないね。正しいから。面白いことや好奇心より前日を踏襲している方がずっと「安心安全」だと知っている。

「私にとって浮気などは意味がない。自分を丸ごと抱えてくれる次の男が出てこない限り女の「浮気」は成立しない」(というようなニュアンスのことを森遥子はどこかで書いている。この人もこんな女の内情を正確に書いてしまうなんて、女じゃないよね、死んじゃったけど)

あれしちゃだめ、これしちゃだめ、の頭悪い女の感性で子どもは育てられるわけだが、世の中つまんない意見をいう人間は多いから、その勉強かもしれない。だいたい働かないで税金も払わないで食ってるズルを隠蔽して教育もなにもないだろうと思うが、そこは女、元祖女は太陽だったとか太陽だからいいのだ!という天才バカボンのような理論を持ち出して、優秀な子はそうですそうです、と見ない振りをし、ちょっとバカだとそこ引っかかって反抗してみたりするが、もっとバカだと気がつかないで拝んでくれるし。

だいたい男は欠損部分が多いので、「正しい」に弱いから、そんなめちゃくちゃな論理も突っ込まないでいてくれる。

いや、そういうマンマ教育が成功しているのがイタリアだ。香港もそうだというし。そこ暴いてもなんの得も誰にもない。

よって女の寿命は伸びて、男より都合10年も長く生きるが、ボケ老人ホームは老婆ばかりである。

なにが言いたいかといえば、所詮婚姻などというものはココロにも体にも悪い制度で(男にとって)なにも楽しくないが、女にとってそれは有利な制度なので活用するようにしたいが、女はこども産んで育てるはすごい大変なことのように吹聴するのもまたうまいが、それはかつての生理休暇のようなもので、大したことではないのにことさら大変を言い募り、実際貧血などになってみたり、女とはサボるためにはなんでも利用しようという根性に満ちている。

いやいや、そんな一人や二人のこどもそだてるなんざ、この水道ひねったら水出てくる、スイッチ押したら電気がつく世の中でなんも大変ではないわ。

女は自分の言論にすら左右されてしまうほどバカなので、自分で大変大変を言い募っているうちにほんと大変になってしまう。なに真面目に考えてるのか。女の特権は「考えないこと」である。こどもは大変で、一人当たりいくらかかるから無理とか、一人ならいけるとか、

周りも周りで、大変でしょうからいろいろタダにしてあげますよ、とか迎合しないの。大変大変って言っているうちにそうなの?大変なのって伝播して結局少子化。だいたい産んでも育ててもないのになんで大変だとかいうんだろうか?教育費がかかる、と思っているかもしれないが、かかった時に考えればいいだけで、まだ産んでもいないのにそういうの杞憂という。ちゃんと育てようと言うのも良くわかるが、なにが「ちゃんと」かわからないし、サイコロ振ってからじゃないと何にも決まらないものをギャンブルというが、こども産むなんざギャンブルのようなもんだ。ギャンブルを「計画的に」「ちゃんと」やることは出来ない。国はギャンブルの場を「ちゃんと」作ろうとしているようだが、最高だよね。そういうところで稼いだ泡銭を福祉や教育に回そうと言う発想が斬新で笑える。悪銭身につかずとか言う教えも古いかね。銭はゼニだからね。悪銭でもなんでも経済成長しなきゃならないほど我らは品格をなくしたのか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも思うが、「言葉」になった時点でもう「被害者」ではない。言葉は力だから。

「痛い」と言う。さらに「痛い痛い」という、さらに呻き声など出してみる、歯痛に苦しむ人間が、呻いているその声の中に「悦楽」を見出したのはドストだが(地下室)

何朝から言ってりかといえば、娘が結婚するというので、それは大賛成だが、相手もなかなかのエリートないい男だし。でも「正しい」を言い募る、きちんとリートをつける、など女の基本を守り、お母さんのように、人間は平等だとか、自分で考えるだとか、本当にやりたいことだとか、そういう「真実」をみて見ぬふりが大事だということを言いたい。

婚姻は制度なんだから、制度には当然歪や矛盾があるが、そんなもの精査するほどに人生は長くないし、その制度に頼らないで生きていけるほどには人生は短くないからだ。

東大出という文字が入っている俳優(良くは知らない)がこども3人もいて綺麗な奥さんがいるのに浮気した話が出てるが、まあまあ奥さん、許せないのもよくわかりますがそうおっしゃらずに、太陽光線でお灸でもすえてあげればすみますよ。婚姻関係の欺瞞について片方が告発しちゃいけないってことですよね。お互いに嘘を隠蔽しあって末長くやっていきましょう。シロモノ家電のCMとかやっているんですから。

 仕事を手放さないことですよ。制度を利用するための方便としての女に本当になってしまうのは術師術中に嵌る。ジェンダーなど着ぐるみのようなものですから。

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
  • あなたの声の見つけかた~呼吸から始める発声法~
  • 宝槻美代子 公式ブログ
  • 宝槻美代子声楽教室 活動情報