電話番号: 03-3816-3461
お問い合わせ
ページ上部へ

発声は人生そのものなのでそうそうは変えられない

 発声は人生そのものなので、そうそう変えられないんですね。たぶん発想を変えることが発声向上の鍵なんだけど、同じ頭で同じ体で発想を変えるって至難。それ先生は変えられるかというと、私は変えられると思ってレッスンしてるけど、実際はどうなんだろうなあ。ぜひそれを(先生の力量を)見る実験場でもあります、公開レッスンにお越しください(9月14日1時から5時 文京区男女平等センター・無料)

 日本列島は毎日死者が出るほどの猛暑だが、あと3週間もすればまあましになるだろうし、クーラー23度などにして部屋にいれば涼しい(いや寒い)・・しかしまた耳下腺が腫れた感じで、もう6月初頭にひいた風邪の後遺症がいつまで続くのか、とネットで調べると「がん」だったりすると書いてあるではないか。がーん。

タイミングよく来たピアノの生徒のお母さん(がんのお医者)にちょっと不安をぶちまけてみたら、軽く触診してくれて、風邪の後リンパがいつまでも腫れることはそう珍しくなく、でもこれは耳鼻科で声帯を見てもらった方がいいかもしれない、という判断でした。声帯に何かできてるというのも困るなあ。

6月以来今までの健康保険料を取り戻すかのように耳鼻科にかかっているが(その都度良くなる)健康保険制度というのもありがたいよね日本は。ここ何年かは風邪もひかず、保険料払ってるのばかばかしいな、などと思っててごめん。保険料も年金もこう水際に落ちた人間のためにあるんだからさ、働いてそれらを払える喜びを謳歌(そんなに嬉しくもないがな)したほうがいいですね。

たいていの風邪は龍角散のどあめ(コンビニで売ってる)で治してきたが。それが年取るってことよ、と五十嵐さんに言われてるが、そうね、子どもらも手が離れやっと自分が自分に返ってきたというのに、もうパワー全開で家族も仕事も何もかもやってきた身として自分の身だけ養うとか難しいのかもしれない、力ありすぎで、自毒が回った感じですか。

その毒はうたで使う。

さっき生徒が持ってきたマクベスのレディー・マクベスのアリアを見てたが(やったことはない)もう毒でしかない。最近マスケラで薄く取って進まなくてはいけないところと、体入れるところの違いがより明瞭にわかったような気がするが、最後の半ページ入れっぱなしとかしんどいわ。それはある種の人々にとって快楽ではあるが。私もそうだけど。

 

 

 

 

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • あなたの声の見つけかた~呼吸から始める発声法~
  • 宝槻美代子 公式ブログ
  • 宝槻美代子声楽教室 活動情報