電話番号: 03-3816-3461
お問い合わせ
ページ上部へ

音楽はいま、ここ だわ。

初めてといっていいかもしれないが、喉を壊してレッスンで「見本」が出せなくなってしまった。回復傾向であるし、近々に本番もないし、親子連弾の方がはるかに差し迫ったタスクなので、たいして気にもしていないんだが、レッスンしにくくて困ってはいる。すいません変な声で。

 今週土曜午前九時半から文京シビック小ホールで、7月6日の合わせをやるんですが、見にきてくれてもいいです。公開です。

娘と さっきお互い空き時間があったので、連弾合わせをしてたんだが、いやあ、そうね、ハンガリー舞曲というブラームスにしてみれば異国への偏見に満ちた、所謂「正当」でない、しかも「踊り」。そういうものに娘は本質的にコミットできる体質があることが久し振りに思い出されたのだが、以前より増幅されてて、怖かった。リットとかルバートという当たり前な西洋表記でなく、なんかうねりといった様相。西洋文化って徹底的に「体」を否定とまでは言わないが、検証しなおすというか、思うにブラームスなどという西洋文化の権化がさ、ハンガリー舞曲だってさ、蘇州夜曲みたいなもんじゃないの。

そこ、みんな「きれいめ」に欧風カレーみたいにするんじゃないの?娘はそれは嫌なようで、なんか私の淡白でよそよそしい弾き方が気に食わないようなんですよ。

言われてることはわかる。

 私は引っ込み思案の恥ずかしがり屋の引きこもりであるから。だから魚屋とか肉屋とかキャバクラ嬢とか向いてないし、といって公務員のように自分の体を騙せるほどには「無神経」にもなれず、

「よかったら試飲してってください」というスーパーの販売促進員やってんのよ。西洋音楽の。

 でも久し振りに珍味な演奏で、日本酒など頂きたくなりました。この子の好物は蟹味噌です。同じく海鮮珍味好きの彼氏と神楽坂界隈で珍味食べてるところがよくネットに載ってます。

 土曜の私のピアノのレッスンに一緒に行って見てもらおうよ、という事で逃げたんだが、いや、いまここで音と闘おうよ、というんだけど、そう、音楽はいつでもいま、ここ よね。

 そしてわたしが永遠に避けてるものが いま、ここ なんだろうな。 

 

 

 

 

  • あなたの声の見つけかた~呼吸から始める発声法~
  • 宝槻美代子 公式ブログ
  • 宝槻美代子声楽教室 活動情報