電話番号: 03-3816-3461
お問い合わせ
ページ上部へ

声楽の声質の種類と歌い方の種類

声楽には声質や音程による種類があり、女性の高い声をソプラノ、低い声をアルト、男性の高い声をテノール、低い声をバリトンと言います。

一般的にはこの4部構成にて合唱の間にあるソロパートを歌うことやオペラなどを演じることが多いです。

また、歌い方の種類として大きく4つに分けられます。

独唱は1人で歌うことで、声楽の発表会などの機会に1人ずつステージに立って、自分が選んだ歌を1曲、2曲と披露するの独唱に当たります。

斉唱は複数の人が同じ旋律を歌う方法です。

複数の人が別々の旋律を歌うパターンは、重唱と呼びます。

クラシックに限らず、グループの歌手がハモるのは重唱に当たります。

さらに大勢で歌う形態は合唱です。

合唱部での活動はもちろんですが、小中学校のクラス単位で歌うなど、本格的に声楽を習っていない方でも一度は経験したことがある形態です。

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • あなたの声の見つけかた~呼吸から始める発声法~
  • 宝槻美代子 公式ブログ
  • 宝槻美代子声楽教室 活動情報