電話番号: 03-3816-3461
お問い合わせ
ページ上部へ

結果にコミット

 毎日地道に練習している私ではあるが、音楽をやっているものはもうそれは小学生の時から「練習」を一日のどこかで時間を作ってしなくてはならず、その時間が取れない日は敗北だし、十全な練習が出来る日などというものは大人になればそうそうやってこないのだが、とにかくそれは持病のようにずーっと人生を縛っているのである。

「練習」に終わりはなく、でもどこかでやめなきゃならないから、毎日何かを諦めている感じになりますね。もうすでにやりたいのかやりたくないのか好きなのか好きでないのかなどという区別もつけられなくなってる。音楽やっているものはどんな私のような末端信者でもそんなもんだと思う。マミーシンガーズで「2時間練習できたら幸せだよね」と言った人がいて、ほんとそうだが、うたならではですよ。ピアノは昔アシュケナージが、僕は一日3時間しか練習しないといって世界を震撼させたが、ピアニストとは摂食排泄入浴睡眠以外は全部練習しているのが普通で、私の知り合いのピアニストはピアノの下に布団をひいて起きたら練習眠くなったら潜って寝てると言ってた。修学旅行なんか行かないに決まっているが、知り合いのピアニストハットリが「私はそういうのは行ったわよ」というから、やはりほんとにうまい人はそういうものかと感心したら「でも一日で帰ってきた」と言っていた。

 うたを再開した理由は、下の子どもが4か月の時で、昼寝させながら、あああ、子ども育てるだけなのか私の人生・・とかなり「絶望」してたその時電話が鳴った。音大の友達からで、「おねえさん(ほかの大学行ってから行ったからそう呼ばれてた)子ども2人もいて無理だと思うけど一応誘ってるんだけど、同期でコンサートやるんだけど出ない?」というんですよ。「出る」って言ってそこからでしたね。

 そこからまた毎日「練習」する日々が始まったわけだけど、こうやってレッスンして練習してレッスンして練習してな毎日で激しい運動不足(週2回電動自転車で行く近所の公民館仕事以外ほぼ外出しない)

そんな私が昨日生徒に誘われ「ライザップの無料体験」に行かせてもらいました。彼女は「放送大学」の出演が決まり、うーんこの姿が永遠テレビで流されるのか(3年くらい流れるらしい)と思ったら思わず入会したそうで、着実に体重を減らしお肌もつべつべしているではないか。一人無料体験に誘えるそうで、銀座ライザップウーマンという素晴らしく銀座なところにそれはありました。

 パーソナルトレーニングと食事の指導、というのが売りで、確かにジム行ってもいつの間にか行かなくなるのは誰かに見張ってもらわないと人はさぼるからですよ。「結婚」というのもそういう制度なんだろうね。「ちゃんと」しないとだめ!みたいな声かけあって暮らすというのは確かに日本国も推奨、「それは働く家庭から、朝がくるくる朝がくる」(朝はどこから)

 でも声楽のレッスンというのもほんとうまくなりたいんだったら毎日練習して毎週レッスン来ないとだめなんじゃないの。当教室は完全フリー制を採用させていただいております、はい。

で、ちょっとしたトレーニングをしたら今日は筋肉痛であるが、これ週2回通って2か月、あるいは週1回で4か月、32万也。痩せるというより、すべての生活改善につながるというんですね。私は痩せるとかより将来の健康が心配だわ(の割には検診に10年くらい行ってない理由はデカダンスではなく胃カメラが怖いから)この忙しさで通えるのか、と思うが、週一回くらい銀座に行くというのは晴れ晴れしいことだよな。電動自転車で行くわけだが、それも有酸素運動ではないか。10万くらいだったら絶対行くけど、どうなんだろうね32万。嘘写真添付。

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • あなたの声の見つけかた~呼吸から始める発声法~
  • 宝槻美代子 公式ブログ
  • 宝槻美代子声楽教室 活動情報