電話番号: 03-3816-3461
お問い合わせ
ページ上部へ

声楽、人前でうたってなんぼです

フェイスブックの扱いがいまいちわからなくて、先生これは「ねずみ講」のようなものですから、どんどん友人を増やしてくださいと言われているんだが、なにかお友達申請してるのに無視してたりしてたらごめんなさい。
工学学士が帰ってきたら、って帰って来たんだが、すぐどっか遊びに行っちゃうので。
いや、人に頼らずやらねばな、あべちんの奥さんだってやってるじゃないか。フェイスブックで政治家が意見を発信したりするの馴染めないが、奥さんは私人だったな。
・・・・・・・・・・・・・
 先日のボン・アートの新年度〆の会は盛況なうえに、その後の飲み会が楽しかったが(ほんと老若男女おもろいわ)うっかり終わりが5時だったりするとその後長時間打ち上げると翌日辛いので、次回は少しそこのピッチを考えようと思います。
その後別の店であんなに飲むなら、飲み放題などつける意味がないことがよくわかった。ですからカデンツァで次回やります。で、ピアノも私でいいなら3000円くらいで10分程度うたえるので、そうしましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・
 当教室天才ピアニストナカシマを毎度お呼び立てするのも、というのがあり、ではそうでない「ピアニスト」ってもさ、それがどういうわけかうまくないんだよね。事前に楽譜を送れとかいうし。細かいところまで正確に弾かなくていいから、ざっくり音楽つかんでくれれば私は満足なんだけど、なにか誰頼んでも??だよね。それなのに「ピアニスト」だからピアニスト扱いしなきゃならないし。それなら私はタダだし、案外いいかもしれない。うまくないが音楽の邪魔はしないと思うんだよね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 100回の練習より1回の本番、だとすればいっぱい人前でうたったほうがいい。例えば今習ってる曲来月暗譜して披露できたらいいではないか。毎度同じ曲でもいいですよ。大きな発表会は無論やりますが、小さいのもちょくちょくやります。日時が決まったらお知らせします。生徒が作ってくれた一斉送信というのがあったな。
・・・・・・・・・・・・
 「声楽」って難しく考えないで、これはコミュニケーションであるから、「どう届くか」を考えなくては何も始まらない。それに際して鼻腔共鳴を使いましょう、マイクは使いません、というルールがあるというだけであります。
どんどん習ってどんどん発表してどんどん飲みましょう(※飲み会は別途料金がかかります)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
宝槻美代子音楽教室
http://www.houtsuki.com/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷1-5-7 宝生ハイツ707 (宝生能楽堂上)
TEL:03-3816-3461
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • あなたの声の見つけかた~呼吸から始める発声法~
  • 宝槻美代子 公式ブログ
  • 宝槻美代子声楽教室 活動情報